水素ってどんな効能があるの?

ごきげんよう。えすとです。

・水素水って健康にいいんだよね?
・体内でどんな働きしてるの?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明日子どもに、友達に、恋人に聞かれるかもしれません。
でも明確に答えられない人多いのではないでしょうか?
今回は巷で人気の『水素』。水素水とか聞いたことありません?
その水素についてまとめてみました。
専門的な詳細は長くなるので省きます。

答えだけ言いますと、水素は『抗酸化作用』があります。
これで意味がわかったのなら以下の文は読まなくてもいいでしょう(笑)

人は酸素を取り入れて生きていますよね?
ですが体内で使わなかった酸素は酸化してしまいます。
酸化をわかりやすく例えると金属が錆びた状態です。
あれが体内で起こります。そしてどんどん広がっていきます。

その酸化を止めてくれるのが抗酸化物質です。

水素は、皆さん知っての通り地球上に存在する分子の中で最小サイズ。
水にも油にも溶け込むという性質があります。
そのため、水素を摂取した人の体内で血流に乗るだけでなく、
あらゆる細胞にたどり着き体の隅々まで行き届きます。
これが他の抗酸化物質
(よく耳にするものだとポリフェノール・ビタミンE等)と
大きく異なる水素の特徴と言えます。

活性酸素の中で、代表的な悪玉である
「ヒドロキシルラジカル」は細胞の中で発生するため、
活性酸素を無害化するには、細胞の中や細胞の膜を構成する脂質に
抗酸化物質を行き渡らせることが重要です。
水素はその性質上細胞の中まで行き届きやすいんです。

そして

『酸化力の強いヒドロキシルラジカルに対して、水素分子自らが
酸化されることで中和をする。ヒドロキシルラジカルによって
攻撃された過酸化脂質の連鎖を水素で止めることができる』

余談ですが
水素分子(水素ガス)は腸内細菌によって体内でも産生されており、
その産生量は食物繊維などの摂取によって高まるとの報告があります。

腸内細菌が水素を作るような低濃度の持続供給よりも、
1日2回を目安にまとまった量の水素を体外から摂取し体内濃度の
スパイク(波)をつくるほうが優れているという結果も出てきています。
また、水素が胃にあることでグレリンという
神経保護成分が分泌されることもわかっており、
これも「飲用」の明確なメリットといえるでしょう。

ちなみに活性酸素は普通に生活していても増えますが、

・喫煙
・大気汚染
・紫外線
・放射線
・身体的/精神的ストレス

などでも増えます。

現代のストレス社会では増えないようにするのはほぼ不可能なので
今後水素は人類の寿命を延ばしてくれるまでの
大切な存在になってくれるかもしれませんね!