壊血病ってなに?

ごきげんよう。えすとです。
・壊血症って何?
・どんな症状なの??

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明日子どもに、友達に、恋人に聞かれるかもしれません。
でも意外と明確に答えられない人多いのではないでしょうか?
今回は壊血症についてまとめてみました。
専門的な詳細は長くなるので省きます。

体内のビタミンCが不足すると壊血病を引き起こす

※【成人】 健康な人体にはおよそ900から1500mgのアスコルビン酸(ビタミンC)が存在しており、
体内のアスコルビン酸が500mg(300㎎と言われることもある)を切ると・・・

・脱力
・体重減少
・筋肉痛関節の鈍痛
・皮膚や粘膜、歯肉の出血およびそれに伴う歯の脱落、変化、これらの影響で息が臭くなる。
・毛包性の過角化、螺旋状毛髪、毛包周囲の出血(出血を伴う毛包角化症)
・創傷治癒の遅れ
・低色素性の貧血
・感染への抵抗力の減少
・古傷が開く、末期になると骨折して治った骨もはがれる。

上のような症状が表れる。
ただし、健康な人体には「500mgを切る」までのビタミンCに余裕があるので、
これらの症状は3カ月から12カ月に及ぶ長期・高度のビタミンC欠乏でないと生じない。

※【小児】 特に生後6カ月から12カ月の間に発生し、メレル・バロウ病とも呼ばれる。
・軟骨や骨境界部での出血、血腫
・骨組織の形成不全、骨病変および骨成長不良
・骨折や骨の変形
・出血や壊死
・歯の発生障害