井岡一翔選手のタトゥーについて思うこと

ごきげんよう、えすとです。

この記事書いてる今(2021.1.11)巷ではボクシング世界タイトルマッチ、

複数階級チャンピオン同士の日本人対決となった

井岡一翔選手と田中恒成選手の試合で物議を醸している

タトゥー問題について個人的に思うところを書きます。

 

 

私は上記どちらの選手も好きでプロデビュー戦から試合を見ていたので、

二人の対決は楽しみな試合でしたが結果は井岡選手に軍配が上がりました。

しかし、井岡選手がタトゥーを消さずに出場したことがルール違反にあたり

少しゴタゴタしているようです。

 

 

日本ボクシングコミッション(JBC)では

体にタトゥーが入っている選手はファンデーションで隠さなければいけません

※見ている人に不快感を与えないようにする為。

 

ただ外国の選手はOKだったり、タトゥーの部位によって対応が違ったりと

少々あやふやなルールでもあります。

 

 

しかしルール上、タトゥーは隠さないとダメなのに

井岡選手は隠さなかったのでそれが話題になっているんですね。

 

 

井岡選手はタトゥーのルールに対して反対派で、今回は隠すつもりがなかったようです。

また、『タトゥーが直接勝敗に関わるわけではない』と井岡選手は反論しているご様子。

 

賛否両論ありますが、私個人の意見としては

タトゥーは賛成派でも反対派でもありません

入れたくない人は入れなければいいし、

入れたい人は後々後悔しないかちゃんと考えた結果入れるならいいんじゃないって感じです。

 

 

しかし、スポーツをする以上ルールは守らなければいけません。

プロとして真剣にやっているのなら、

そのスポーツへの敬意としてもルールは守ってほしかったというのが本音です。

 

この試合は地上波でも放送されましたから、多くの人の目に映ります。

そんな大きな舞台で、(日本では)反社会的要素の強いタトゥーを見せるのは

さすがによろしくないかと。不快に思う人はいるでしょうからね。

そういうことする選手が増えると地上波も無くなるんじゃないかな?

そしたら競技人口も減るわけで。メリットないです。

 

プロは観客、ファンからお金(給料)をもらっているわけですから、見る人に対しても配慮が欲しかったです。

 

 

 

タトゥーを隠しつつ、タトゥーのルールについて改定を求めるのは全然アリだとは思うんですけどね。井岡選手の言い分も気持ちはわかりますが。

死刑制度について

ごきげんよう、えすとです。

今日は死刑制度について個人的に思うことをちょっと書いてみようと思います。

 

現在日本では死刑制度が導入されていますが、

過去の統計では国民の7~8割は死刑制度に賛成との結果が出ているそうです。

 

 

 

国としては、

・死刑による犯罪者への抑止力

・命を奪う行為には命をもって償わせる(正確には少々違うが)

 

といった理由で死刑が行われている。(日本では絞首刑)

欧州では死刑が無く、アメリカでは州によってバラバラ。

 

 

 

個人的には死刑制度は反対です。

非人道的とかはどうでもいいんですけど、

死刑で死ねばそれで苦しみからは解放されちゃうんですよね。

私自身、犯人を死刑にしてほしいとはどうしても思えません。(実体験)

なんで憎くて憎くて殺したい犯人を苦しみから解放させるような死刑にさせるのか?

 

正直言ってしまえば犯人を拷問でもしたいですがそれはできませんから、

死ぬまで極限の、地獄のような環境で生活させたいですよね。

新薬の実験に使ってもいいだろうし。

 

 

私自身、自分は頭おかしいと思っているので

この意見に共感を得られる人は少ないかもしれません。

不快な気持ちになってしまった方がいましたらごめんなさい。

難しい問題ですね。。。