ビタミンDってどんな成分?

ごきげんよう。えすとです。
・ビタミンDってどんな効能があるの?
・摂取しなかったらどんな不調が起こるの?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明日子どもに、友達に、恋人に聞かれるかもしれません。
でも意外と明確に答えられない人多いのではないでしょうか?
今回はよく聞くビタミンDについてまとめてみました。
専門的な詳細は長くなるので省きます。

ビタミンD

・脂溶性ビタミン(油と摂取すると吸収率が良くなる)

・日光浴によって体内で生合成もされる

 ヒトにおいては、午前10時から午後3時の日光で、
 少なくとも週に2回、5分から30分の間、
 日焼け止めクリームなしで、顔、手足、背中への日光浴で
 十分な量のビタミンDが体内で生合成される。

・ビタミンD2
※大部分の植物性食品には含まれず、キノコ類に含まれているのみ

・ビタミンD3
※魚類などに多く含まれる

・D2とD3のどちらがヒトへの効能が高いかは専門家によって意見が分かれる。

一日の摂取量

・ビタミンDを多く含む主な食品
 魚類………サケ、サンマ、イワシ、カツオ、
      マグロ、カジキ、ブリ、サバなど

・きのこ類…キクラゲ、干し椎茸など
      また、さつま揚げ、卵黄など

・ビタミンDは免疫反応への関与も示唆されている。
 (免疫力UPが期待できる)

・ビタミンD欠乏症

 高血圧、結核、癌、歯周病、多発性硬化症、
 冬季うつ病、末梢動脈疾患、1型糖尿病を含む自己免疫疾患などの
 疾病への罹患率上昇と関連している可能性が指摘されている。
 また、勃起不全との関連性が指摘されている。

・ビタミンD過剰症
 高カルシウム血症、肝機能障害、腎臓障害、多飲・多尿、
 尿路結石、尿毒症、高血圧、易刺激性(不機嫌)、腹痛、
 発熱、発疹、かゆみ、吐き気または嘔吐、食欲不振、便秘、
 虚弱、疲労感、睡眠障害、歩行困難、体重減少、貧血、
 脱毛、けいれん、昏睡など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA